触媒修理 / フェラーリF355

 

壊れたフェラーリ触媒をメタル触媒に修理します。
 
フェラーリ純正のセラミック触媒は、外側の筒(触媒が収まっているケース)と、触媒本体を溶接などで固定している訳ではなく、判り易く言えば接着材のよう な物で固定させています。 しかし、経年劣化にてその固定は外れ、中で触媒が動くようになります。これがまず症状の第一段階で、異音などが発生致します。さらに進行すると排圧によって触媒本体が、ケース内で動くことでもろいセラミック触媒は、崩れてしまいます。そうなると異音も大きくなり、排気ガスも臭くなるようになります。この状態を第二段階と言えます。さらに進行すると最終的には、純正(セラミック)触媒本体が完全に崩壊してしまい、車の本来のポテンシャルを発揮することが出来なくなり車のパワーに影響 を及ぼすのはもちろんの事、エンジンに悪影響を及ぼす場合もありますので、すぐにでも交換しなければなりません。

【 修理の流れ 】

FerrariF355触媒

(1) 今回の修理車両は、フェラーリF355の触媒になります。左右独立した触媒です。
触媒左右2個の交換となります。


FerrariF355触媒

(2) ご覧のように、触媒が崩れかかって触媒の機能を
   発揮しておりません。


FerrariF355触媒

(3) メタル触媒に交換しました。


FerrariF355触媒

 

施工後の写真です。

 

施工前の写真と比べて見て下さい。



弊社で修理し安心して頂けるように・・・

 

修理後には外観上にもノーマル部品と全く変わり無い様に修理が出来ます。

しかし、外見上修理痕が無いために、逆にお客様は本当に修理したのか不安になられる

可能性があります。

 

そこで、弊社ではお客様のマフラーの修理の際にその都度、デジカメにて修理内容を画像として保存しています。 修理後、お客様に確認して頂けるようにDVD画像を保存しお渡ししています。お客様のマフラーの元々の状態や、修理内容がすべて判りますのでご安心して頂けます。

※DVDに保存しておりますので、日付や時間なども分かり写真の使いまわしではないか?などの

心配もありません。