触媒修理 / SLK320

 

 

施工前の写真です。

 

施工前に状況を確認しました。

中でセルがはずれています。

 

触媒を開けてみると崩れて削れていました。

 

分解した状態です。

 

左のメタル触媒に交換します。

 

メタル触媒を溶接で固定しました。

 

溶接して完了です。

 

施工完了です。

 

施工前と比べてみて下さい!!

弊社で修理し安心して頂けるように・・・

 

修理後には外観上にもノーマル部品と全く変わり無い様に修理が出来ます。

しかし、外見上修理痕が無いために、逆にお客様は本当に修理したのか不安になられる

可能性があります。

 

そこで、弊社ではお客様のマフラーの修理の際にその都度、デジカメにて修理内容を画像として保存しています。 修理後、お客様に確認して頂けるようにDVDに画像を保存しお渡ししています。お客様のマフラーの元々の状態や、修理内容がすべて判りますのでご安心して頂けます。

※DVDに保存しておりますので、日付や時間なども分かり写真の使いまわしではないか?などの

心配もありません。