触媒修理 / メルセデス・ベンツ Sクラス S320  (W220)

 

(1) 今回の修理車両は、W220 S320になります。

左右独立したマフラーです。


オーナー様の意向によりフロント側第一触媒左右 2個の交換となります。

 

リア側の第二触媒は、ご予算のご都合などにより施工は致しません。

(2) 施工する前の状態を確認すると、あれ?すでに補修痕があります。これは、以前に触媒修理された証拠です。


しかし、同業者として言わしてもらえれば、この修理では、まだまだです。溶接の技術が未熟ですね・・・


これは、半自動溶接と言われるものです。

弊社では、アルゴン(ティグ)溶接にて補修痕が無いように致します。


後に判りますが・・この修理は、中古車販売業者にて行われたようです。

自動車屋としては、器用にされて いると思いますが・・


弊社のようにマフラー専門工場と比べるとやはり、自動車屋さんです。餅は餅屋に任せて下さい。


(3) リア側第二触媒を上から撮影です。見て判るようにフランジ部よりストレートに触媒につながっています。

 

これは、フランジ部より触媒内部の目視確認が出来る状態です。 それでは、是非とも確認してみましょう!

(4) フランジ部よりLEDライトにて内部を確認します。

 

あれ?触媒内部がカラッポで、向こう側のパイプ部が見えています・・

 

リア側第二触媒は、ケースのみで触媒内部は完全な空洞となっています。

(5) それでは、はじめにこのように型を取ります。


この型を作製していないと、この後、ノーマルマフラーを数箇所切って解体しますが、完全に元通りに戻す事が出来なくなります。


しかし、この型があるのでいくら切ってバラバラにしても、型にあわせて溶接することにより、元の状態に完全に戻す事が可能となります。

(6) 修理するフロント側第一触媒をカットしていきます。


すると、なんと!触媒内部がパイプにてストレート構造にされています・・オーナー様にこの事をお伝えさせて頂きました。


オーナー様よりご購入された中古車販売業者に確認されたところ、あっさりと触媒修理していますとの事・・。


第一、第二触媒ともに触媒が全く無い状態 ですので、「車検に通らない」と伝えたところ「うち へ車検に持って来て頂ければ通りますよ!」・・・って・・・・


それって、根本的な話が全く通用していません。


オーナー様には、非常にお気の毒に思います。皆さまもこのような事例もございますので、お気を付け 下さい!!


(7) さて、それでは、触媒ケース内を綺麗に分解します。

触媒ケース内をストレートパイプで繋いでいるので、そのパイプも取り除かなければなりません。


よって、触媒ケースを合計4箇所切っての大手術となってしまいました・・。

中古車業者のいい加減な修理で、作業が大変困難でしたが・・なんとか綺麗にストレートパイプも取り除けました。
 

(8) 純正の触媒ケースにメタル触媒を埋め込みます。

しかし、若干メタル触媒の方が全長が長いです。


これでは、純正触媒ケースに収まりません。

弊社のメタル触媒には、触媒本体より外側のケースには、耳(ミミ)がございます。その部分を旋盤にて削り落としてしまいます。

(9) 旋盤加工が終わりました。


右側より旋盤加工前のメタル触媒、真ん中が旋盤加工後の触媒、左側が純正触媒ケースとなります。


純正触媒ケースと、メタル触媒の長さが同じになりました。

(10) 純正の触媒ケースにメタル触媒を埋め込んでみます。


純正のケースは複雑な形をしているので、メタル触媒との間に隙間が出来てしまいます。


このまま、溶接してしまえば、外見上まったく判りませんが、触媒を通らない排気ガスが流れますので、弊社では、このような状態で溶接することはございません。


キャタライザーの右側にある小さな部品を製作して隙間を塞いでしまいます。

本来なら排気のIN側だけを塞いでしまえばいいのですが、リア側も同じように塞いでしまいます。


理由は、排気の乱流を防ぐ為と、強度アップを図る為に行います。見えないところでも拘(こだわ)りをもって作業します!!                                        


(11) 先ほどの小さな部品にて隙間を塞いでいます。

仮付けの状態です。


これからアルゴン(ティグ)溶接にて全周溶接して隙間を完全に塞ぎます。もちろん反対側のOUT側も同じように作業致します。

(12) それでは、メタル触媒を触媒ケースに埋め込むことが出来ましたので、元通りに修復致します。


しかし、今回は4箇所も切断していますので、手間がかかる作業になりました。

(13) 溶接作業で完全に繋いでいきますが、新たな溶接痕を残さず純正品然に仕上げます。参考写真14,15,16

(14)

(15)

(16)

弊社で修理し安心して頂けるように・・・

 

修理後には外観上にもノーマル部品と全く変わり無い様に修理が出来ます。

しかし、外見上修理痕が無いために、逆にお客様は本当に修理したのか不安になられる

可能性があります。

 

そこで、弊社ではお客様のマフラーの修理の際にその都度、デジカメにて修理内容を画像として保存しています。 修理後、お客様に確認して頂けるようにDVDに画像を保存しお渡ししています。お客様のマフラーの元々の状態や、修理内容がすべて判りますのでご安心して頂けます。

※DVDに保存しておりますので、日付や時間なども分かり写真の使いまわしではないか?などの

心配もありません。